娘がいる人は勝ち組。息子しかいない人は?

2日ぶりのお墓参り。

 

しばらく姿を見せなかったので、油断していたら帰ってきてた (๑☉ᴗ☉)

「南」の文字のなかにすっぽり。カエルさん。ぴったりと佇んでいました。

 

お水をかけたら、こっそり顔を出しました。地色は違うけど、お墓模様になっていて和んだ一瞬。

 

今日は実家のお墓にも行ってきました。しばらくバタバタしていたので数ヶ月ぶり(;´▽`A``

 

午後からは、先日お引越しのお手伝いをしたお宅の片づけに。

キッチンの掃除をして、最後に全部のお部屋に掃除機をかけました。

ベランダの掃除をしているときに、お隣のお部屋のかたと

仕切りのパーテーション越しに、いろいろお話しをしました。

やはり、高齢のおひとり暮らしは、寂しいとお話しされていました。

 

先日、受講したセミナーで聞いた

今は、娘がいる人は勝ち組で、息子しかいない人は負け組っていうらしいよ。

と、いう話をすうると

 

「ウマいこというなぁー。そのとおりや!」と感心されてしまいました。

ちなみに、お隣の70代?のお母さん。

「私は負け組やわー。」

 

娘が要る人が勝ち組で、息子しかいない人が負け組というのは

娘は、親が高齢になってくると、何も言わなくても、いろいろ前もって気にかけてくれるけど

息子は、親が倒れてから初めて動いてくれるということらしいです。

 

お隣のお母さんが「今度、お茶のみにおいで。」と言ってくださったので

「そんなコト言ったら、ホントに行きますよ。」と言うと

「ホンマにおいで。」

 

私は、こういう感じで、いつも、いつの間にか、お友達になってしまいます ( ´艸`)

 

が、

実際には、地域での見守りや住み慣れたところで最期まで暮らすというのは難しいなぁと思いました。

 

見守ってくださっているご近所のかたもおひとり暮らしだった、、ご高齢だったり。

もちろん、地域のネットワーク作りも大切ですが。

もっと、考えなくてはいけないことがあるような・・・。

簡単に答えの出ない課題がいっぱいの、今回のお手伝いでしたが、ご縁も気づきもいっぱいでした。

今日もありがとうございました。また、明日もがんばります ♪