小学校で認知症サポーター養成講座

今日は、志方西小学校の6年生のみなさんのところに「認知症サポーター養成講座」

に行ってきました。

 

認知症について講義とDVD鑑賞のあと、寸劇をしました。

本日の私の担当は、「お家にかえります」のおばあちゃん役 ( *´艸`)

 

悪い例を見てもらったあと、グループに別れて、みんなでどういう接し方をすれば

良いのか?話し合ってもらいました。

 

配役とセリフを決めて発表。短い時間のなかで

「だれが、おばあちゃんになる?」

『おばあちゃんじゃなくて、おじいちゃんにしよ。』

【わたし、お嫁さんになる。】

〈じゃぁ、わたしが孫〉

 

私のグループは、みんなで話して決めたセリフが8行でした。

 

大丈夫かな (。´・ω・)? ちょっと心配しましたが

本番までの、ほんの数分でボールペンで皺を書いたり、杖を準備したり。

 

始まった途端にびっくり ( ゚Д゚)

 

アドリブのすごいこと! 

 

書いたのは、たった8行なのに、みんな自然に書いてない言葉がポンポンと。

どのグループも、それぞれが違う意見で、みんな素敵な発表でした。

 

最後にみんなで、オレンジリングをつけて記念撮影。

今日も、また元気なサポーターさんが増えました (*´▽`*)