メガネで、ご飯が美味しくなる。

新しいメガネを作りました。3個目のメガネ。一番上が、人生初のメガネ。

最初に作ったのは、多分15年くらいくらい前。

取りたい資格があって、高校受験依頼・・・いやいや(。´・ω・)?

その時より勉強。勉強の毎日でした。

家事・短時間のアルバイト掛け持ち。子育てしながら。

1分も惜しいくらいの勢いで勉強してました。如何に家事の時間を少なくするか?

そうしないと勉強する時間なんて作れないので、大変でした。学校に行く時間もないし

細切れの時間で家で勉強。勉強。

その年は、ちょうど免許の更新で、試験が済んですぐに更新に行ったら、視力検査でぼやけて、ほとんど見えなくて「上?」「下?」「ひ・・・だり?」みたいな感じで・・・

「はい。とりあえず、メガネ作ってきてから出直して来て」と言われて、そのままメガネ屋さんへ。人生初のメガネ。一番近くにあったメガネの〇〇に作りに行きました。

で、できあがったメガネをもって、数日後もう1回更新に出直し。

「はい。まずは裸眼で。」・・・見えたんです(。´・ω・)? この間は見えなかったのに。

きっと、試験勉強済んだばっかりで、目が疲れ切ってたんだ・・・。

せっかく作ってきたのに、夜と雨の日の運転と、遠くを見ないといけないときくらいしか掛けませんでした。おまけに、このメガネかけると頭が痛くなるので、いつからか封印。

で、5年くらい前に作ったのが2つ目。1つ目より軽い ( *´艸`) 当然、歳とともに目も悪くなってきてるので、2つ目は頻繁にお世話になってます。と言っても、これも運転のとき自主的にかけるのと、講座やらセミナーを受講するときと遠くを見ないといけないときくらい。普段の生活はなくても大丈夫なので。

そして3個目。肩こりがとんでもなくひどくて、PC作業してると頭痛と眼精疲労?

目が痛くなるんです。っていったら、「パソコン用がええな。」って。

2個目のメガネのときより、乱視と近視が進んでたそうです。

まぁ、歳をとっていくので、しょうがないです・・・。

掛けなくても、見えるんだけど、パソコン使う時間が長いので、かけたほうが目がラクに

なりました。かけてない時は、いつも眉間に皺が寄ってた (; ・`д・´)

メガネかけたら、目玉が開く感じ ( *´艸`)

・・・・・・・・・・・

メガネ屋さんで、調整してもらいながら、いろいろお話を教えてもらいました。

「めがねは からだの一部です。」

歳をとって、目が見えにくくなると、ご飯が美味しくなくなってくると教えてもらいました。

炊き立てのご飯も、ご飯粒がふっくら見えるのと、ぼやけて白にしか見えるのでは、感じる味が違う。おかずもそう。野菜の色やカタチ。魚やお肉。色やカタチで食欲も変わる。

美味しいと思って食べたモノは身体にも栄養になる。

美味しくないなぁっと思って食べると、食べることがそもそも苦行。

歳をとって、段々と身体が弱ってきて、出かけたりすることも減ってくる。今までできていたことができなくなってくる。楽しいことは少しずつ減ってくる。最後まで楽しみなのは食べるコトやで。だから、ちゃんと合ったメガネを掛けてご飯食べるとええんや。

 

メガネも補聴器も入れ歯も。ちょっと不便になったら、使ったほうが毎日が暮らしやすくなるなぁとあらためて思いました。

普段から、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚。五感に感心を持つことって大事だな。