使わない食器100キロ処分。

あなた何してるの 🐱 

水仙のなかで日向ぼっこしていたネコがびっくりして出てきました。

 

一気にできないので・・・何日もかけて、食器棚と2階の物置の片づけ。

今日は「今まで使ったコトがない食器」「これからも、きっと使わない食器」の処分。

重い (゜-゜) 何キロあるんだろ・・・。

 

新しい食器も、もちろんありました。でも、好きじゃない柄やデザインのは使わない。

食器棚を片づけていて、並んでただけで使ったことがない食器の多さに・・・。

結局、お気に入りのモノしか使ってない。物置から出てきた新しい食器。

好きな感じのモノは、古いモノと交代。数日かけて入れ替えたり、減らしたり。

 

そして・・・2階の物置にあった開かずの布団箪笥。

開けてびっくり・・・。即、ヒモでぐるぐるに。扱いにくい大きいサイズの毛布もついでに処分しよう。粗大ごみの日まで待ちきれないので、本日処分 ( `ー´)ノ

 

食器は、100キロありました。一度も使ったコトがない新品も・・・。

誰かにあげようか?なんて思っていると、またしばらく「置き場所」が必要になるので、

思い立った今日が捨て時。処分しました。

 

このあと、衣類も45Lに6袋処分。

これで置き場所ができたので、次のエリアの整理ができる ( *´艸`)

 

今、お片づけにお伺いしているお宅のお客さまも、お片づけスイッチON状態です。

最初は、迷っていたモノもヒトツ思い切ったら「これも、もう要らないわ。」どんどん減っています。お片づけ2日目には、お客さま自ら「今まで使ってないから、なくても困ることないわね。」「今まで、あったコト忘れてたんだから、なくても困らないわね。」

 

80代後半のお客さま。

まずは、モノを減らして、家のなかでけがをしないように!が一番の目的です。

お友達にも「自分のために片づけしたほうがいいわよ。ってすすめたの ( *´艸`)」

早速、ご近所の仲良しのお友達が見学に来られました。すっきりしていくビフォーアフターを御存知なので「まぁー!すっきりしたなぁ。うちも減らそー。次、うちも見に来て。」お片づけのあとは、一緒にエンディングノートを書くお話にすすんでいます。

住み慣れた我が家でいつまでも。

ご近所に仲良しのお友達がいるっていいなって思いました。