飾りっぱなしの表彰状。旬は短い額縁。

お客さまのお宅にお伺いしても、手間がかかる額の処分。

 

我が家にも、たんまりありました (; ・`д・´)

3つの部屋に全部で10枚以上・・・。

 

表彰状や資格証。合格証。一旦、飾るとなかなかおろすことがないので

結局何年も前から、飾りっぱなしになったまま。

 

いったい何年前から、ここに (。´・ω・)? 

 

木枠にガラスが入っていて、あげるのもおろすのも大変です。

歳を重ねると、おろすのは、さらに大変・・・。

おろすことが一番のハードルになってしまいます。

 

表彰状も資格証も合格証も嬉しいのは、もらってすぐ! その瞬間 (*´▽`*)

褒めてもらえるのも、話題になるのも、そのときとほんのしばらく。

せっかく額に入れても、見るのも話題になるのも、そんなに長い期間は期待できません。

沢山あると、一枚増えても、気がつかなかったり。

そもそも家族以外の人は、興味もないですよね・・・。

自分の家以外で、額を見て話題にするときは、逆に話題がないときかもしれません。

 

もちろん裏側なんて、ほとんど掃除をすることもなく・・・。

 

額縁をおろすまえに、脚立とハサミ。雑巾と掃除機の準備。

背がとどかないので脚立にのぼって落ちないように、厳重につけてあるのをハサミでちょきん✂

何年分ものホコリがてんこもり (゜-゜)

掃除機でホコリをとってから、中身だけ出しました。

裏側の止める部分のトンボも、かたくなっていてクルっと簡単に外れなかったりで意外と時間がかかります。

ガラスと額縁に分ける作業を繰り返し。ガラスだけで、結構な重さになりました。

 

はずしたあとのホコリと壁の掃除も、面倒です・・・。

 

掃除は上から。

 

大々的に【 片づける! 】と決めたら、額縁は最初におろすのがおすすめですが、なかなか想い出のつまったモノを最初にというのは難しいですね。

 

ずっとあるのに、もう見ていない。

あるコトが当たり前になりすぎて、部屋の一部のようになってしまった存在。

やっぱり、おろすのは片づけスイッチが入ってから。

片づけが、終わりが近づいた頃に「あ。あれも、もう要らない。」

 

あ・・・。私は、自分のじゃないので中身を出しましたが

お片づけにお伺いして「中身だけ出して」と言われたお客さまはおれれません (。´・ω・)

 

表彰状や合格証。旬の期間が短いのに、滞在期間がエンドレスになりがちな額縁。

お片づけのその前に、見直してみるのもおすすめです。